神戸家具ブランドkannaが東京/目黒へ進出

壁掛けTシリーズとUni-Q天井埋め込みでキレあるアトモス体験

兵庫・西宮に本拠地をもつ家具ブランドkannaが、東京・目黒に新ショールームをオープンして1ヶ月。神戸ブランドの上質な家具×ホームシアターのコラボレーションが関東のインテリアの目利きたちの注目を集めています。

_chair3307

神戸ブランドを謳う、kannaの家具。15年の間、オートクチュールのような優美かつ一点モノのの喜びを関西のオーナーに届けてきました。ブラックチェリーなど稀少で上質な材だけを厳選・管理して採用。無垢材を使いながら、決して素朴にならないスタイリッシュなデザインと相まって高い評価を受け続けています。

その評判は全国、とくに関東圏にも及ぶに至り、今回の目黒店出店に至りました。

_sign3372

今回の目黒ショールームは、オークなど明るめの材と華やかなファブリックが印象的。大きなエントランスの引き戸を開けると、一気にkannaワールドに引き込まれます。

「ダークな仕上げは確かに格好いい。でも、関東のニーズを2年間リサーチした結果、明るい方が好まれることが分かりました。そこで、オーク材のワックス仕上げで白く明るい雰囲気にしています」

とは、代表の艸島功詞(くさじまこうじ)さん。

壁紙は伝統的な柄をモチーフにトラディショナルで気品あるプリントが特徴の英国のゾファニー、ソファ類の張り地もアメリカのラーセンやフランスのメタフォール、クッションにはゴルチエといったように海外の素材を採用したのも、関東のお客様を意識したチョイスしていますが、そこにはハイセンスな女性の意見を柔軟に取り入れたのだといいます。

_kitchento3326

kannaは単体の家具だけでなく、オーナーの求めるシーンに応じてシステムで提案できるところが魅力。後付けにも関わらず、造り付けのようなテレビボード、そして照明やカーテン、エアコンなどとワンタッチでシーンチェンジできるホームオートメーション制御のAVシステムを含め、モノではなく場の提案に溢れている。

今後は西宮店と同様にリフォームも手がけたいとのこと。

「目黒に家具を見に通りがかった方が、坂の途中で足を止めていただき、引き戸を開けたとたんに『わあ素敵』と言っていただくのが嬉しいんです。喫茶店に入るように気軽に寄って、映画や音楽を楽しみつつkannaの世界に触れていただきたい。東京でも大きな輪を広げていきたいと考えています」

_TVB3274

Order TV Cabinet ¥1,585,000(W4200 × H2200×D635mm)。税別、関東近郊への納品・設置の費用込み。オーク材(黒塗装)、オスモクリアー塗装(オイル仕上げ)。55インチテレビと110インチスクリーン、4Kプロジェクター連動も含めたオーディオ・ビジュアル提案。天井埋め込みスピーカーは点音源ドライバーのUni-Qを採用したCi130QRで、サラウンドとアトモストップスピーカーを構成し、マランツのAVアンプSR7010で5.1.2再生
_KEF3250

リビングには厚さ3cmの薄型スピーカーTseriesを取り付け(T301およびT301c)。造作家具の面はイタリアのタイルが貼られている
_subTV3234_AMX3302

こちらのテレビボードは¥1,195,000。マランツのAVアンプNR1606でこのテレビシステムを再生するとともに、キッチンの天井埋め込みスピーカーをゾーン2再生
S3_洗面5760

モザイクストーンはポルトガル製。ヘビ柄の個性的な洗面ボウルは20万円で、洗面化粧台全体の価格は60万円である
_chair3282

この1Pチェア、ベースモデルは¥237,000で、イエローのラーセンの生地は¥70,000の追加オプション
_kitchenkara3316

壁紙やファブリックのほか、キッチン家電はミーレのビルトイン、水栓はグローエ。金物もドイツのハーフェレといった輸入品を採用
_sign3381
_gaikan4415

お問い合わせ

kanna 東京目黒店
東京都目黒区下目黒4丁目10-30 カサディーメグロ1階(目黒通)
TEL.0120-04-6262
http://kanna-fc.com

 

  • Pocket
  • LINEで送る