吹き抜けの大画面〜Rシリーズ導入例[旭川fist]

明るく開放感に溢れたリビングを引き締めるRシリーズ

日本全国のスーパーKEFユーザー列伝。今回は、新築でRシリーズを造り付け家具にインストールした事例です。

スクリーンはリビングシアターには十分すぎる120インチ

 自営業のご主人がオーナー。奥様と幼いお子さん2人の4人家族です。
 「住宅デザインを損なうことなく、スッキリとした明るいリビングシアターがご希望でした。ハウスメーカー様のご協力も仰ぎながら、フロントスピーカーは特注家具にビルトイン。超短焦点プロジェクターと昇降機を使うことで、天井もスッキリさせることができました」
R100とR200c、Q400bを特注家具にインストール。シンプルなデザインが空間を引き締める。超短頂点プロジェクターは昇降機に収まる
 そのため、機器を環境に馴染ませるのに苦労したとは、インストーラーのFIST(フィスト)園田さん。
 レンズシフトとズームがない短焦点プロジェクターの設営はたいへんだったはず。ハウスメーカーさんや工務店さんとの交渉・調整も、カスタムインストーラーの仕事。家庭内劇場の総合プロデュースを司っているのです。

お問い合わせ

fist sound
北海道旭川市東7条3丁目1-16
TEL.0166-29-1230

  • Pocket
  • LINEで送る