家具収納にはセンタースピーカー3本 [豊橋・第一無線のインストール]

Uni-Q点音源のメリットを生かして設える

愛知県・豊橋のインストールショップ、第一無線が手がけたホームシアターユーザーの情報が届きました。大きい物件でクォリティ重視のオーダー。機器を可能な限り空間に馴染ませるのはもちろん、収納の仕方や仕上げまで、他にはない設えが要求されたようです。

今回のお客さまは、豊川市におすまいのIさん。40代という若さで会社を経営され、広いお庭を持つ新築宅へQシリーズを導入されました。
新築らしい木の香りがする木造一戸建て。20帖ほどの広々としたリビングダイニング。
とはいえ、スピーカーらしき姿は…
「マランツのAVアンプやパナソニックのBDプレーヤーとともに、スピーカーも家具収納が必須条件でした。ただ、床からフローティングされた家具への収納であること以外は、弊社の基本的なインストールの手法を用いています」
とは、愛知のインストールショップ、第一無線の尾川さん。豊橋にある同店のショウルーム(最後の2枚の写真参照)は、理想的な視聴環境を押さえた上で心地よさと高揚感を同時に味わえるような和のテイストを取り入れた”庵”のような空間で定評があります。
それを知っていると、I邸のプロジェクターの天井への折り上げ方、スクリーンの天井の折り上げ方に見識を感じます。
「お話しをいただいた時点で、家具にはセンターを3本入れようと決めていました。いろいろな制約がある中で、KEFのQ200cセンタースピーカーはキャビネットの容積もたっぷりあり家具にはぴったりでした。やっぱり家具収納には点音源のスピーカーが一番と痛感しています」
この2枚の写真は、Iさん宅とはまた異なる事例。KEFのセンタースピーカー3本を家具に収納する手法は、これまでのインストールで実績を重ねていました。
ホワイトのスピーカーを積極的にリビングシアターに使用するなど、住環境の変化に合わせていちはやく設えを対応させてきた第一無線。高天井でシンプルかつモノトーン化がすすむ住まいでますます威力を発揮していきそうです。

上はシアターショウルーム。尾川さんの世界観に浸りながら、日々の疲れを癒やす映画と音楽の空間作りを相談してみては。どうぞ、ご予約の上ご来店ください。

お問い合わせ

第一無線
愛知県豊橋市萱町17
TEL.0532-54-5245
www.daiichimusen.co.jp/

  • Pocket
  • LINEで送る