HiVi2月号、本日発売!グランプリ受賞を逃すも注目のKEF関連記事満載

「REFERENCE5EXAKT」「最新ホームシアター事情in山口」「亀山信夫の三次元立体音響研究」

HiVi2月号は恒例の「HiViグランプリ」発表号です。KEFのグランプリ受賞製品はありませんが、実はこの号、KEFに関する”深い”記事があちこちに登場しています。

TOPIC その1 「インプレッシヴ・コンポーネンツ」、つまり多数決では評価されなかったけれど、選考委員ご注目の製品について触れられているページに、REFERENCE5EXAKTが登場しています。ブランドを超えたコラボレーションの意義、そしてリニアフェイズに長年取り組んできた歴史を背景とした製品化について「劇的なこと」(山本さん)とコメントいただいています。
TOPIC その2 「スタンダードは4K&アトモス対応 最新ホームシアター事情in山口」で、Q700とQ200cをベースにしたドルビーアトモス対応のシアターをご紹介いただいています。インストーラーは、山口県防府の老舗、サウンドテックさんです(写真は記事のお部屋とは無関係です)。
TOPIC その3 「亀山信夫の三次元立体音響私的研究」が、2015年3月の仮設置から2年を経て遂に本工事を経てのSeason2へ。トップスピーカーにKEFのCi200RR-THXを4発導入した亀山さんが、その全貌を明らかに。本格的なアトモス対応ホームシアターを持ちたいユーザーとそれをサポートするインストールショップ必見の連載、スタートです。新製品の紹介はもちろん、しっかりとした企画と記事で読ませるHiViをぜひご覧ください。

  • Pocket
  • LINEで送る