KEFは彫刻と音の融合に夢中。 ミラノのスーパーデザイン・ショーのモダン・プロダクト・デザインに出展

KEFとして初めてミラノで開催される「スーパーデザイン・ショー2016」に参加します。 マイケル・ヤングのデザインによる専用ブースでは、彫刻作品とサウンドの境界を越えるスピーカーを生み出すに至った「KEF・オブセッション」とよぶデザイン哲学について展示します。

このデザイン哲学は、KEFがスピーカーを作り出す際のあらゆる側面で発揮され、考え方や音質、革新的なデザイン、新しい素材、上質な仕上げといった細部にわたり吟味が加えられます。それは、ハイレゾサウンドを聞く楽しみだけではなく、手で触れることで感じられる高級感やデザインを通じて視覚的な安らぎを得ることも含んだ、究極の知覚体験への飽くなき追求なのです。

 

この展示では、KEFがスピーカー設計において重視するポイントと、そのパートナーであるデザイナーの仕事にフォーカスを当てます。

11
ross
MUON および MUO
ロス・ラブグローブによるデザイン
4
ブレード(Blade)
エリック・チャン(ECCO デザイン)と KEF のデザインチームによるデザイン
1
ザ・リファレンス
KEFデザインチームによるデザイン
LS50
KEFデザインチームによるデザイン

EGG
ミルクデザインと KEF デザインチームによるデザイン

9
M シリーズ
ポルシェデザインチームによるデザイン
KEF・オブセッションの展示
マイケル・ヤングによるデザイン

KEF・オブセッションの展示ブースは以下にあります

所在地: ミラノ、トルトーナ地区、スーパースタジオ・ピュウ ラウンジ
会期:4月12日から16日は10時から21時、4月17日は10時から18時
来場者パスはこちらで入手できます:
www.superstudiogroup.com/events

(お問い合わせ)

KEF JAPAN INC
東京都小金井市本町5-19-7-201
Tel 042-388-2030
E-MAIL [email protected]
//www.kef.jp

  • Pocket
  • LINEで送る