ミュンヘンのハイエンド・ショー 英国ブランドのアーカムやリンと共同でデモ

2016年5月5日から8日まで、ミュンヘンで行われたMunich High End Showが開催。KEFも多彩なデモンストレーションと展示を行いました。

まずデモスタジオでは、KEFのリファレンスシリーズとCi200RRーTHXによるドルビーアトモスを同じ英国のアーカムのAVシステムとともに実演。

また、同じ部屋でReference5によるステレオ再生では、リンのEXAKTモジュールを装着したReference5 aktiv versionが披露されました。

KEFの新製品としては、埋め込み型のサブウーファーがさりげなくお目見えしています。

その熱気に溢れた会場の模様を写真でご覧ください。

P1180726

同じ英国のアーカムと共同のブース

P1010606

MuonとBladeももちろん展示

P1180750

ReferenceとCi200RRによるアトモス対応サラウンドシステムと、LINN EXAKTバージョン・ステレオシステムが共存。とくにReference5は、LINNのEXAKT BOXと、LF/MF/HFそれぞれに繋がったアーカムの3chパワーアンプによるアクティヴ仕様で、「リニアフェイズ」思想を体現しています。

P1010647

アトモストップスピーカーとEPSONのレーザープロジェクターが効果抜群

P1180730

アーカム新製品と共同展示

P1180731

ミラノデザインショーと同様にホワイトモデルをズラリ揃えてデザインを強調

P1180734

Bladeのカットモデル。複雑緻密なエンクロージャーで内部定在波を排除

P1180746

ポルシェデザインを採用したM400が美術品展示のようにショーケースに収まる

P1180748

Muoも各色揃ってディスプレイ

P1180749

M100もショーケースに

P1180760

さりげなくCiの新製品も

P1180775 P1180785

アーカムのパワーアンプとAVアンプシステム

P1180815

 

<会場>

アトリウム4のF106、F210デモルーム

<会期>

5月5日から8日は10時から18時

  • Pocket
  • LINEで送る