LS50WirelessがSpotifyに対応

本体のファームアップで進化。細かい修正も実施

LS50のアクティブバージョン「LS50Wireless」。ワンパッケージで即ハイファイオーディオの世界に入れるこのモデルは、ソフトウェアのアップデートで常に最新バージョンの恩恵が受けられるメリットもあります。今回はファームウェアアップデートでSpotify対応を果たしました。

LS50Wirelessファームウェアがメジャーアップデート

10月9日、LS50Wireless本体のファームウェアのメジャーアップデートが解禁。同時にKEFのスマートデバイス専用アプリ「LS50Wireless」appにも細かい修正が施されています。アップデートファイルはすでに製品サポートページおよびAppStore/GooglePlayからダウンロード&インストール可能です。
Spotifyは4000万曲以上の音楽データを擁する音楽ストリーミングサービス。無料でのシャッフルプレイのほか、月額980円のpremium会員になれば、より高品位かつ自由な再生が可能になります(詳しくはSpotify公式HPをご覧下さい)。得意とする音楽ジャンルが、LS50Wirelessが先行して対応ずみのTIDALとも異なるので、あなたの音楽の幅がもっと広がるに違いありません。

Spotify対応は10分で完了![設定方法]

(1)まず、LS50Wirelessのファームウェアをアップデートして下さい。
LS50Wireless本体がインターネット接続された状態で、PC本体とUSB接続して実行します。
環境にもよりますが、10分ほどで完了します。実行中にスピーカーからポップノイズが出ることがあります。
インストール中は、本体天面のアイコンが交互に点滅します
これでファームアップは完了です!

(2)次に、LS50WirelessでSpotifyを楽しむための設定を行います。
スマートデバイスなどの「Spotify」アプリを起動。「設定」から「デバイス」として「LS50Wireless」を指定します。

以上で、「Spotify」アプリを内蔵したスマートデバイス類をリモコンとして、LS50WirelessでSpotifyを楽しめるようになります(『LS50Wireless』アプリは使いません)。
あとはSpotifyアプリで選曲するだけ!
なお、LS50WirelessアプリのサーバーリストにもSpotifyが載っていますが、こちらからの操作は行いません。

仕様など詳細情報・ご購入

LS50 Wireless 製品詳細ページ(仕様)

  • Pocket
  • LINEで送る