LS50WirelessがTIDALに対応

専用アプリのバージョンアップで進化。細かい修正を経てさらに快適に

LS50のアクティブバージョン「LS50Wireless」。ワンパッケージで即ハイファイオーディオの世界に入れるこのモデルは、ソフトウェアのアップデートで常に最新バージョンの恩恵が受けられるメリットもあります。今回は、専用アプリがアップデートされたことに伴い、TIDALへの対応も果たしています。

LS50Wireless専用アプリ初のメジャーアップデート

5月31日、KEFのスマートデバイス専用アプリ「LS50Wireless」appに細かい修正が施されたほか、世界的なストリーミングサービスであるTIDALに対応しました。アップデートされたファイルはすでにダウンロード可能です。

TIDALは日本国内でのサービスは正式にスタートしておりませんが、ミュージシャンが主体となって立ち上げたCDクォリティ以上のロスレス音源を聞き放題のHiFi試聴サービスであることもあって、4600万曲以上の曲が、全世界52ヶ国で楽しまれています。

LS50Wirelessにはさまざまな入力があり、どの再生方法でもKEFクォリティを発揮できます。まずブルートゥースで「これでも充分スゴい」と驚いていただき、続いてUSB接続してのCDリッピングやハイレゾ再生でお楽しみいただいているという声を多くいただいております。
本HPでもご紹介しているように、どの入力でも徹底した高音質設計が果たされているので、気兼ねなくお楽しみいただけますが、環境が許す方には便利で安定したネットワーク再生をお楽しみいただきたいところです。
そのとき重要なのがスマートデバイスの専用アプリ。まだ修正すべき点はありますが、基本操作で気になる点はかなり解消され、しかもTIDAL対応。今後もさまざまなサービスに対応するようですので、ご期待下さい!
NASの下にTIDALの文字が!
app内にTIDALが埋め込まれた形になっており、MY FAVORITEや検索機能なども単体アプリ同様。MQA対応やALAC対応などについては確認中です

仕様など詳細情報・ご購入

LS50 Wireless 製品詳細ページ(仕様)

  • Pocket
  • LINEで送る